KKTR Party!

かくてるのパーティー

TOP記事

KKTR(かくてる)です。

ポケモンとかの記事を書きます

Twitter:@kkt_witte_r

 ■SM

 

kktrparty.hatenablog.com

 

kktrparty.hatenablog.com

 

ORAS

【VGC2016】

【VGC2016】トリルドーブルBIG6【JCS最終1781】

【6thGS】

【第4回鉄輪オフGS準優勝】BIG-Ho-oh【爆アド大分旅行記】

 

 

■その他雑記

6世代総括

【VGC2017】コケコロイド・デ・アローラ【第32回がにゅーオフ優勝構築】

 こんにちは。今回は2017/06/03に行われた第32回がにゅーオフでくわっちょ(@sabpokemon)くんが使ってくれたパーティを紹介します。

f:id:kktrparty:20170603201514p:plain

  JCSが複数日程と発表され、前回公開したおいかぜギガガブブラスターがあまり勝てなくなった頃に複数のパーティがあったほうが良いよなあと思い考えた構築。まず私がこのルールについて考えていたのが「初手のZ技で1匹を無理やり倒し、そのまま数で制圧して勝つ」でした。実際少し前のシーズンでデンキZコケコが増えていたこともありこのコンセプトは悪くないと思っていました。いろいろ考えていた頃にコケコのガーディアン・デ・アローラで3/4削りウツロイドで倒すという構築に出会い(Under Oblivion Wings: I Am the Guardian of Alola -- February International Challenge 10th Place Team)かなり参考にさせてもらいました。本当にありがとうございました。

 

・個別解説

f:id:kktrparty:20170508223306p:plainカプ・コケコ

 ボルトチェンジ フリーフォール めざめるパワー(炎) しぜんのいかり @カプZ / エレキメイカー

 175-121-113-116-102-187(H236 B60 C4 D52 S156)おくびょう

   HB:200ガブリアスじしんダブルダメージ乱数耐え(93.7%)

   D:200カプ・テテフサイコフィールドサイコキネシス乱数耐え(93.7%)

   S:最速エンニュート+1

  参考にしたものと同じ配分と技構成で採用。特に技構成で困ることはなくたまにシャインあるといいなとは思うものの火力がゴミな上に抜く技もないのでやめた。このポケモンは素の火力がそこまであるわけではないので珠や眼鏡、デンキZやフェアリーZと火力アップの持ち物の選択されることが多い。だが、配分によって意地ガブの地震を耐えることができたり、とつげきチョッキをもたせた型が結果を残したりと耐久よりの型にもできる非常にカスタマイズ性の高いポケモンだと感じた。

 あまりこのルールでは見ることが少ないので一応カプZの説明をしておく。

ガーディアン・デ・アローラ は「しぜんのいかり」のZワザになる。対象1体に現在HPの3/4のダメージ

(他のZワザ同様守るを貫通するが1/4になるのでその場合は3/16のダメージ)

 

f:id:kktrparty:20170603221512p:plainウツロイド

 まもる パワージェム ヘドロばくだん トリックルーム @きあいのタスキ / ビーストブースト

 195-54-68-192-152-148(H84 B4 C220 D4 S196)ひかえめ

   C:H191-D141までの輝石ポリゴン2ヘドロばくだんで確定4発

   S:準速95族+1

  基本選出はコケコウツロイドで、ガーディアン・デ・アローラと集中して1匹を落としビーストブーストしてそのまま押し切るのが理想の立ち回り。他にも、フリーフォールで守るをさせずにウインディやテテフを落下地点に攻撃して倒したり、しぜんのいかりで半分減らすだけで倒せる範囲が広がりおまけにビーストブーストまで狙える。臆病でめざ氷にするとフリフォと合わせて無振りならガブリアスを倒せたりもするが、ポリ2に集中を耐えられてしまうことが多かったので火力を上げるためにひかえめに。

 確定4発ということはガーディアン・デ・アローラとの集中で落とせるラインになる。いろんな人のブログにあるポリ2を見てこれ以上Dに振ってるポリ2は1人しか見つからず、実際レートでは耐えられることは1度もなかったです。基本のタイプ一致技パワージェムとヘドロばくだんは確定、あとトリル相手には強いわけではないのでトリル返しを狙ったり、追い風(特にフワライド)に強くなれるのでトリックルームを仕込むことに。ガブリアスに打点となるめざ氷も悩みましたが上を取れるわけでもないし守るを押すほうが絶対多いので切るわけにはいかず守るを選択。

 

f:id:kktrparty:20170508232645p:plainガブリアス

 まもる じしん ほのおのキバ つるぎのまい @ジメンZ / さめはだ

 184-179-118-89-106-169(H4 A228 B20 D4 S252)ようき

   B:182ガブリアスライジングランドオーバー(じしん)乱数耐え(93.7%)

  もう1匹のZクリスタル持ちのジメンZガブリアス。カプZは毎回使う技でもなく、ジメンZは単純に高威力単体地面技として使えるため非常に強い。参考元と同じ技にしてしばらく使って微妙なら変えようと思っていましたがつるぎのまいの強さに惹かれて変更しませんでした。うまく読んで積むことができればベストですが、コケコのフリフォやピッピのこの指と合わせて強引に積むこともできたりと、一度積むだけで地震1発は耐えるであろうポケモンを一気に縛ることができます。ほのおのキバは特にテッカグヤと対面で有用な技になりますが、ギャラドスなど浮いてて炎が通らないポケモンがつらいので岩技が欲しい場面もありここは変更を検討できる枠だと思います。

 

f:id:kktrparty:20170508233158p:plainテッカグヤ

 ヘビーボンバー かえんほうしゃ やどりぎのタネ ワイドガード @たべのこし / ビーストブースト

 199-122-145-128-149-72(H212 A4 B172 C4 D116)なまいき

   B:178ウインディフレアドライブ確定耐え

   D:147カプ・コケコエレキフィールド10万ボルト確定耐え

 ガブリアスのお供。苦手なコケコやウインディウツロイドガブリアスが倒しこいつで詰めるのが理想です。強引に動かさないといけない場面もあるので火力アップアイテムでなければ耐える配分です。コケコは大体耐えられませんがウインディは結構耐える場面もあり落ちたら落ちたで鉢巻だとわかります。ボルトチェンジ先など受け出しで出すことも多いので今回はやどりぎのタネを入れた耐久型に。Sに下降補正がかかってるのは単純に慎重個体を持っていなかったからです。ミラーで必ず上を取られるので性格は慎重にすべきでした。(放射の火力が上がったり、互いにやどりぎのタネ状態の場合は先に回復できたりもするので一概に悪いわけでもない)

 技は一致でテテフの処理を速やかにするヘビーボンバー、カミツルギを燃やすための火炎放射、スカーフガブが死ぬほどキツいので守るを切ってでもワイドガードを選択

 

f:id:kktrparty:20170603221510p:plainカミツルギ

 リーフブレード スマートホーン せいなるつるぎ かわらわり @とつげきチョッキ / ビーストブースト

 158-231-151-71-83-129(H188 A68 D252)いじっぱり

   D:147眼鏡コケコエレキフィールド10まんボルト乱数2耐え(98%)

   S:最速ペリッパー+1

 ここまでコケコウツロイドの基本選出で対応に苦労した雨とライチュウコケコのみに選出する駒。こちらのコケコより速いポケモンで初手を崩されてしまうとそのまま負けてしまうからです。どこからかで見た雨とライチュウコケコを対策するチョッキカミツルギの配分をそのまま使いました。結果、眼鏡コケコの10万を2耐えするとかいうタスキやスカーフを持ったカミツルギとは全く違うポケモンになっています。他、オーロラベールを貼りそうなサンドパン入りや相当刺さっている場合のみに選出します。

 

f:id:kktrparty:20170603221514p:plainピッピ

 まもる このゆびとまれ アンコール ムーンフォース @しんかのきせき / フレンドガード

 175-50-110-80-88-36(H236 B252  D20)のんき

   D:178ドレディアブルームシャインエクストラリーフストーム)乱数耐え(93.7%)

 主にポリゴン2以外のトリックルームに出す。フレンドガードを活かして横の耐久を底上げしたり、このゆびとまれで強引に動かしたりするサポーター。カミツルギのスマートホーンなど物理鋼技を耐えることと、トリル下でハリテヤマやガラガラより先に動けると都合が良いことが多いため性格はのんきにした。ハリテヤマでの猫騙しトリルは基本選出でカバーできないためよく選出する。特にアンコールが警戒されずよく決まり、ハリテヤマ猫騙しやトリル下でピッピより遅いポケモンの守るをアンコールし1匹の行動を封じることでトリル下であってもガブリアスなどの高速アタッカーを動かせるようになります。カビゴンギガイアスコータスよりは速く、シロデスナバンバドロは同速であることに注意。

 

 

・選出

簡単にですが選出と立ち回り

 

基本選出

 初手コケコウツロイド 後発ガブリアステッカグヤ

 ほとんどこの選出。先述した通り、しぜんのいかりガーディアン・デ・アローラウツロイドの攻撃をあわせて1匹無理やり落としてビーストブーストが理想な展開。パーティによってはウツロイドが止まらず初手の2体で全員倒せたりもします。

 

ライチュウコケコ

 初手ガブリアスカミツルギ 後発ウツロイドテッカグヤ 

 なんか眼鏡ライチュウが流行ってたのでガブリアスにめざ氷が飛んでくることが多くガブ守らせてリフブレでライチュウを落とします。これでだいたい勝てます。(適当)

 

雨(ペリッパーゴルダック

 初手ウツロイドカミツルギ 後発ガブリアステッカグヤ 

 雨相手にはカミツルギを大事に動かせれば勝てます。ゴルダックの雨ミズZもカミツルギは余裕をもって耐えます。相手の追い風に合わせてトリルできるとベスト。ペリダック対面なら大体ゴルダックにリフブレしてトリル押してました。

 

晴れ(ドレディアコータス

 初手コケコウツロイド 後発ガブリアスピッピ(テッカグヤ

 後ろからテテフが出てきてエレキフィールドを貼り直し眠り粉をばらまかれるのが一番面倒。貼り直しされる可能性があるときは初手でコケコをピッピに交代してウツロイド守る、この指ヘド爆で草Zや粉を吸いつつドレディアをとっとと落としましょう。

 

霰(キュウコンサンドパンバイバニラサンドパン

 基本選出か、取り巻きを見てピッピやカミツルギ

 厳しめ。ピッピカミツルギという選出もたまにするがウインディテッカグヤになにもできなくなるので注意。バイバニラの場合はできるだけバイバニラを早急に倒すことで楽になることが多い。キュウコンはタスキが非常につらいのでうまく処理したい。

 

トリル

 基本選出か、取り巻きを見てピッピ

 ポリゴン2ギガイアスなら基本選出でポリ2を何もせず落とせばほぼ勝ち。一度ビーストブーストすればしぜんのいかりとパワージェムで砂下ギガイアスも落とせるようになります。カビゴンの場合はピッピで腹太鼓や鈍いのアンコールを狙ったりもする。トリルアンコールで相手に貼り直しさせるのも良いが、メンタルハーブで無効化されたり、そのまま居座られてもう一度トリルされる可能性もあるので注意。

 

おいかぜ(テテフorレヒレ ライド、バルジーナ

 基本選出

 カモ。フワライドの追い風に合わせてトリルしつつフワライドにボルトチェンジで状況を見てカグヤかガブを出す。初手の行動が決まれば相当なことが無い限り負けることはない。テテフが守らずに交代したら大体眼鏡。バルジーナは悠長するとバクアされてダルいのでカプZとパワージェムで集中してすぐに落とす。

 おいかぜとトリルを同じターンで発動するとトリルだけ1ターン長い。このとき相手のおいかぜが残り1ターンの時、コケコでフリーフォールをすると相手のポケモンを2ターン行動不能にできることは覚えておくといいでしょう。以下に例を

 1.相手追い風残り1T トリル残り2T

 通常時コケコより遅いポケモンに対し(例:ジバコイル)にフリーフォール、ジバコイルは空中で行動終了。 

 2.トリル残り1T

 トリル下なのでジバコイルが先に行動だが空中で行動終了、コケコが一番最後に行動(落下) 

相手の行動を2ターン封じるだけでなく、素早いコケコが標的になりやすい1ターンのトリル状態から守ることができます。

 

イーブイドーブル

 初手コケコガブリアス 後発ピッピと何か

 コケコでイーブイにフリーフォール(フリーフォールはこの指の影響を受けない)ガブで剣舞、次ターン落下後地震して全員落とす。実際に当たったことはないのであまり自信ないが一応。

 

・戦績

 ・レート

 シーズン3WCSレート 最終1903 35位

 

 ・オフ

 第32回がにゅーオフ くわっちょくんが使用して優勝!

 

・まとめ

  本当は記事を公開するつもりはなかったのですが、オフ数日前に構築がないと言ってたくわっちょ君に構築を投げオフ当日に軽く選出と立ち回りを教えただけでまさかの優勝でびっくりして急いでブログ更新しました。なんか俺も優勝した感じがして非常に嬉しいです。くわっちょ君ありがとう!

何かあればTwitter(@kkt_witte_r)まで

 

QRレンタルパーティ

3ds.pokemon-gl.com


 

 

【VGC2017】おいかぜギガガブブラスター

 JCS2017お疲れ様でした。私の結果は散々でしたが思考を吐き出すだけ一応出しておこうと思い使用したパーティの1つを紹介します。

f:id:kktrparty:20170508162649p:plain

 眼鏡コケコの火力に惚れて使い始めたのがスタート。最初はガブプテラの追い風スタンだったがポリ2がキツくその対処法として葉緑素エルフーンを見かけたのがきっかけで今のメンツになった。コケコやテテフの高火力で削り、ガブカグヤで詰める流れがわかりやすく強かったです。 2月くらいから長いこと使っていたので大会ごとに少し技や持ち物がちょくちょく変わっています。

・個別解説

f:id:kktrparty:20170508223306p:plainカプ・コケコ

 10まんボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ エレキボール @こだわりメガネ / エレキメイカー

 145-121-105-161-96-182(C252 D4 S252)ひかえめ

  このポケモンをうまく動かすことができればだいたい勝てます。出す時はほぼ初手でした。後ろのポケモンにとって厄介なのを削っておいたり(例えばウインディを落とすことができるとテッカグヤが非常に動きやすくなる)ボルトチェンジで帰ったあと終盤の詰めの駒にもなれます。最後の技のエレキボールは特にカビゴンを大きく削る技として非常に役立ちました。ここは放電でも良いと思います。火力を最大まで引き出すのと後述のエルフーンとのコンボもあり性格は控えめ、Sは110族抜き調整してた頃もありましたがこれが原因で負けたこともあり準速にしてCSに振り切ることに。

 

f:id:kktrparty:20170508232645p:plainガブリアス

 ドラゴンクロー じしん いわなだれ どくづき @こだわりスカーフ / さめはだ

 183-182-115-89-106-169(A252 D4 S252)ようき

  普通のスカーフガブリアス。性格を意地っ張りにして調整した型も使っていましたが調整したスカガブ同士で同速ゲーになったこともあり最速を使うことに。誰もが言っていますがこのルールは地震を通すのがめちゃくちゃ強いです。横にカグヤを置き地震を連打するのが理想ですね。ギガイアスを採用しているので特性を砂隠れにするのもありですが、毎試合ギガイアスと一緒に出すわけでもないのとカミツルギのタスキくらいは削りたいこともあって鮫肌に落ち着きました。

 

f:id:kktrparty:20170508233158p:plainテッカグヤ

 ラスターカノン かえんほうしゃ エアスラッシュ ワイドガード @ソクノのみ / ビーストブースト

 175-108-124-168-125-113(H20 B4 C204 D28 S252)ひかえめ

   D:161眼鏡コケコエレキフィールド10まんボルト確定耐え

 ほぼCS寄りのアタッカーでガブリアスと並んで後発から残りを掃除していきます。最終的に詰めていくテッカグヤの多くはやどりぎのタネを使い耐久に振った型が多いですが、後述のエルフーンとのかみ合わせを考えると特殊の方がシナジーを発揮できること特殊にするならは火力に振らないと低火力過ぎて話にならないと思っているのでこの形に。最初はチョッキを持たせてギガドレインを使っていましたがワイドガードを持たせることでコケコを不意のスカガブ地震から守ることができたりと好感触だったのでソクノに変更。配分は追い風下であってもなくても出来る限り上を取りたいので準速。途中エルフーンと並ぶことがあり嘘泣きやがむしゃらと合わせてビーストブーストを狙っていけるのも良かったです。ただこの並びになると後ろにいれば9割ウインディに交代するのでどちら側にエアスラをぶつけるか読みが必要になります。

 

f:id:kktrparty:20170508235746p:plainギガイアス

 まもる ストーンエッジ いわなだれ ワイドガード @イワZ / すなおこし

 191-195-150-70-111-27(H252 A252 D4 )ゆうかん

 対天候への駒。持ち前の耐久とイワZの火力が非常に魅力でトリル下でなくとも強いです。ただ、エルフーンとアンチシナジーなので変えようと思っていたものの外すと雨に絶対に勝てなくなってしまうのでいろいろ悩んだ末そのままにしました。

 

f:id:kktrparty:20170508235843p:plainエルフーン

 うそなき がむしゃら ちょうはつ おいかぜ @きあいのタスキ / ようりょくそ

 135-78-106-92-127-184(B4 D252 S252)おくびょう

  ここまでで非常にポリゴン2が重くかなり悩んでいたのですが、葉緑素エルフーンを見かけてこれだと思い後述のテテフと合わせて採用。これにより嘘泣きとサイコキネシスポリゴン2を無理やり落とすことができます。初手でコケコかテテフで並べることが1番多かったです。技と配分は見かけたものと同じものを採用しました。ちなみに晴れ下だとスカガブより早く動けるようになるのでがむしゃら→岩雪崩のような動きができることは頭に入れておくと良いでしょう。

 

f:id:kktrparty:20170508235858p:plainカプ・テテフ

 まもる サイコキネシス マジカルシャイン ちょうはつ @いのちのたま / サイコメイカー

 145-86-95-200-136-147(D4 C252 S252)ひかえめ

 嘘泣きと合わせたサイキネでほとんどのポケモンを落とすことができ、特に追い風下のマジカルシャイン連打が強い。挑発はエルフーンも持っていますが主にはヤレユータン意識で2体で集中して挑発することでメンタルハーブを強引に対策していました。(嘘泣きムンフォは耐えられたのでやめた)ギガイアスだけでは対処しきれないトリックルームPTはトリルを許したらゲームエンドなので絶対に阻止しなければなりません。耐久振りのテテフも最近は増えているみたいですが、出来る限り(特にウインディより)先に動きたいので準速。

 

・選出

基本選出

 初手エルフーンコケコ(テテフ) 後発ガブリアステッカグヤ

 追い風から攻めていく基本選出、最初に書いたようにコケコかテテフで削りガブカグヤでしめる

 

 

雨、霰

 初手コケコギガイアス 後発ガブリアステッカグヤ(テテフ) 

 天候相手にはギガイアスが活躍します。後ろから天候を取りにきそうだったらギガス交代→コケコボルチェンでギガスを出すといった感じで1ターンで天候を取り返すプレイもたまにします。雨相手ではギガイアスを大切に扱いましょう。

 

晴れ(ドレディアコータス

 初手エルフーンテテフ 後発ガブリアステッカグヤ(コケコ)

 粉やお先にを阻止するためドレディアエルフーンで挑発、コータスにサイキネ通ればだいたい勝ち。テテフに草Zされるとかなりキツいです。

 

トリル

 初手エルフーンテテフ(コケコ) 後発ガブリアステッカグヤギガイアス

 エルフーンテテフで絶対に阻止する形か、ギガイアスで見れそうなら後ろに用意するかです。ヤレユータンバンバドロとかだとギガイアスじゃ無理なので絶対に阻止していき、ミミッキュなどトリルするか微妙なときは後ろにギガイアス持っていったりしていきます。

 

・戦績

 ・仲間大会

 だい1かいやまポケオン 優勝

 エモンガチャンピオンシップス1 2位

 

 ・インターネット大会

 2017 International Challenge February 最終1797 33-12

 ジャパンチャンピオンシップス2017     最高15-5

 

・まとめ

  対戦して下さった方ありがとうございました!本当は別のパーティがあったもののABでうまく勝てず前から使ってたこのパーティを後半から使いました。(それでも15勝止まりでそれ以上は全日程において勝てませんでしたが)今年は長期戦で苦しい戦いでしたが本当にお疲れ様でした。

何かあればTwitter(@kkt_witte_r)まで

 

QRレンタルパーティ

3ds.pokemon-gl.com

 

6世代総括

KKTR(かくてる)です。

6世代お疲れ様でした。PGLがリニューアルされたら6世代のデータは見れなくなりそうので良いところは大きく、悪いところは軽くまとめることにしました。 

6世代のまとめと言ってますが、昔のことはあまり覚えてないのでほとんどVGC2016の話になります。

【XY】 

・VGC2014

 カロスダブルが全然わからなかったです。新環境にいつまでも対応しきれなかった感じがありましたね。

 ジャパンカップの結果はお察し

 

・全国ダブル

 調べてみたところ一応ORAS発売直前のシーズン6の結果が1番よかったので貼っておきます。

f:id:kktrparty:20161026134927p:plain

おそらくこのPTでやってたと思います。

 f:id:kktrparty:20161024101016p:plainf:id:kktrparty:20161024101021p:plainf:id:kktrparty:20161024101025p:plainf:id:kktrparty:20161024101027p:plainf:id:kktrparty:20161024101032p:plainf:id:kktrparty:20161024101035p:plain

(2014/09/20 第15回やまポケオフ 3位)

 

カロスダブルのシーズンが終わり、皆が全国ダブルをやってた頃はたきおとすの強化もあって負けん気ボルトロスが流行してた覚えがあります。

威嚇を入れてAが上がった負けん気ボルトに対しタイプ一致イカサマで無振りなら確定で落とせるのをどこかで見てスカーフワルビアルを使っていました。S種族値が92と霊獣ランドロスより1早いのも良く想像以上の強さを見せてくれました。

 

 【ORAS】

・インターネット大会

 ジャパンカップやINC以外でまともに取り組んだのが2015年2月に行われた「Generation Showdown」です。この大会のルールはのちに2016年の公式ルールになりました(この大会はマークなしが使用可なので厳密には同じではないです)

使用したPTはこちら

f:id:kktrparty:20161025141437p:plain

 

 クレセリアの性格が臆病で準速グラードン+1になっているのがポイントであとは普通です。今となっては普通ですが当時は特殊グラードンが珍しく、最終日まで一切見かけなかった上に大地耐えなんて誰もしてないので通れば勝ちでした。クロバットでおいかぜして噴火するだけで勝てたり、スキルスワップで天候取るプレイングは全然読まれませんでした。ドーブルドータクンも見かけません。しかしながら、1700を超えた頃から特殊グラードンを見かけるようになり、上位陣はわかってるよなあと感じながら最後の試合を相手のグラードンにジオコン暗示を決められ負けてフィニッシュしたのを覚えています。

f:id:kktrparty:20161026134958j:plain

 

・VGC2015

 信頼できるPTが最後まで見つからず迷走、さらに準伝の用意が追いつかない、結局個体を借りて出るも突貫工事ではお察しでした。

 

・VGC2016

  ルールが発表されたのは去年の終わり頃でしたか、その後年が明けレーティングでもできるようになり環境が進んでいきましたね。

 最初に使ったのは当時から強いと言われていたBIG6です。

f:id:kktrparty:20160509150040p:plainf:id:kktrparty:20160509150104p:plainf:id:kktrparty:20160509145813p:plainf:id:kktrparty:20160509150302p:plainf:id:kktrparty:20160509150310p:plainf:id:kktrparty:20160509145835p:plain

強いポケモン、強い構築を最初に触ることができたのは良かったです。これは最終的にJCSに繋がります。

  また、去年の反省から伝説ポケモンの厳選を少しでも使ってみたいと思ったらするようにし、とにかく使って試してみるようにしていました。これで私はカイオーガを使うのが絶望的に下手だってことがわかったので、どんなに頭がいかれてしまってもカイオーガだけには手を出さないように3月くらいに決めましたね。

 ちなみに厳選したマーク付きのグラードンの個体を調べたところ6匹いました。(Lv49勇敢グラードンが強いかもしれないと思い2日かけて周回厳選したけど弱すぎてその日で使うのをやめたこともありました…)

f:id:kktrparty:20161026135846j:plain

 

  BIG6がだんだんとメタられてきたので次に使ったのはホワイトキュレムでした。

f:id:kktrparty:20161026123439p:plainf:id:kktrparty:20160509150040p:plainf:id:kktrparty:20160509145813p:plainf:id:kktrparty:20160509150310p:plainf:id:kktrparty:20161026123431p:plainf:id:kktrparty:20161026123430p:plain

(2016/3/19  春風杯 4位)

 ゼルネアスが暴れているのでフェアリーに弱い伝説は人権がない扱いでしたが、氷タイプの通りはかなり良く、思っていた以上に火力があるので決して弱くはないと思っていました。また、だんだんとグラードンが減ってカイオーガが増え始めたのもあり氷技が通らないカイオーガラプラスで詰ませるように動かしていました。

 初めの頃は冷凍ビームを基本に動かしていたものの吹雪を連打してたほうが強いのではないかと思いほとんど吹雪を連打していました。見ての通り重力を使えるポケモンがいないのですが変に重力役を入れてパーティーパワーを下げるくらいなら素吹雪してたほうが良いみたいな考え方をしてたので変にいじらずしばらく使っていました。初手ガルーラキュレムで圧をかけるのがかなり強かったです。当たれば。

 このPTでシーズン14スペシャルレートで1900を達成できました。が、吹雪や断崖を素で撃つようなPTが対戦数が少ない予選で安定して勝てる気がしなかったのでJCSで使うのは断念。

f:id:kktrparty:20161026135049p:plain

 

 ここから迷走します。重力入りでキュレムを考えましたがうまく形にできず、オーガレック、グラカイ、果てにはミュウツーにも手を出し試したもののどれもしっくり来ませんでした。

  最終的に行き着いたのは最初に使っていたBIG6でした。構築の経緯については過去記事をご覧ください。

kktrparty.hatenablog.com

  最後で詰めが甘かったのは経験不足だと思います。またしても同じ失敗を繰り返してしまいましたが、成績は良くなっているので前向きに次へのモチベーションにしていきます。

 なんだかんだ神ルールだったので、しばらくはいいですがたまにはまたこのルールで遊びたいですね。また、サンムーンからの伝説戦にも期待しています。 

 

 ・全国ダブル

 去年の終わり頃からずっと同じPTを使っていました。予定が合わずオフ等で使うことができなかったのが残念でしたが、6世代最後のシーズン17では最高レートを更新できたのでひとまず嬉しいです。

f:id:kktrparty:20160509150302p:plainf:id:kktrparty:20161024101032p:plainf:id:kktrparty:20161028113632p:plainf:id:kktrparty:20161028113628p:plainf:id:kktrparty:20161028113909p:plainf:id:kktrparty:20161028113633p:plain

 

シーズン17最高レート1985

f:id:kktrparty:20161028114850j:plain

(最後なので初の2000を目指したもののここから死にました)

f:id:kktrparty:20161026135125p:plain

 

【オフ会】

  何度かオフ会に参加させて頂きました。絡んでくれた方、対戦してくれた方、ありがとうございました!特に、ORASからは地元沖縄でのオフに参加できたのがとても嬉しいです。(夏にバーベキューしたいと言ったの俺なのに行けなかったのが非常に残念)

 ほか、福岡はもちろん、大分、熊本、鹿児島、山口、広島まで遊びに行きました。本当にありがとうございました!

 オフ会での優勝は2回できたものの(沖縄、鉄輪)全体で見れば戦績はあんまり良くないのでまずは安定して予選抜けれるようになりたいですね。

 また、まこオフのスタッフもやらせて頂きました。いろいろ大変でしたが、無事最後まで出来たので良かったです。参加者のみなさんもありがとうございました。次の開催ですが、まだサンムーンは発売もされていないので発売後様子を見ながら考えていきます。なので現在全く決まってないです。

 

長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

サンムーンからもよろしくお願いします。

 

 いないとはと思うけど、構築について詳しく知りたい方はTwitterで声かけてもらえれば(@kkt_witte_r)

 

 

 

終わりだよ〜

 

【第4回鉄輪オフGS準優勝】BIG-Ho-oh【爆アド大分旅行記】

KKTR(かくてる)です。

7/9に大分県大分市で行われた第4回鉄輪オフに参加してきました。

 

 前半にPT紹介、後半はオフレポです。

 

はじめに 鉄輪オフのGSルールについて

 シーズン16までスペシャルレートのルールになっているVGC2016(禁伝は手持ちに2体まで)とは少し違って、禁伝の選出が2体までとなっています。なので手持ちには最大4体まで禁止伝説をエントリーできますね。

また、もう一つ重要な点として過去作産の個体の使用を可としているところで、ちからづく化身ランドロス等の未解禁特性や零度スイクン等が使用できます。

 

パーティ決めの経緯

 これらの件を加味しながら考えていきたいところですが、行けるかどうか微妙だったので直前のエントリーになってしまったのもありとりあえず使い慣れていて強いBIG6を元に考えることにしました。

f:id:kktrparty:20160509150040p:plainf:id:kktrparty:20160509150104p:plainf:id:kktrparty:20160509145813p:plainf:id:kktrparty:20160509150302p:plainf:id:kktrparty:20160509150310p:plainf:id:kktrparty:20160509145835p:plain

 

JCSで使用したBIG6のようにトリックルームを仕込もうかと思ったのですが、

(その記事はこちら↓)

 (俺の記事なんて身内ですら見てるか微妙だけど)こんな記事公開したし、ここはあえてドーブルをスカーフにしてみるかと軽い気持ちで組みました。

 

 VGC2016の禁止伝説は2体までなのでどのようなPTにでも幅広く戦えるポケモンがよく使われます(グラゼルネオーガレック)しかし、このルールでは4体まで入れることができるので、強い相手にはとことん強いがトップメタに弱点を突かれやすいといった、VGC2016でメインとして扱うにはクセの強い禁止伝説を入れることでうまく補完できると良さそうな気がしました。

具体的には、ディアルガイベルタルパルキア、ホウオウ、ホワイトキュレム等でしょう。

 どれもグラゼルネと相性が良さそうですが、ここで私はホウオウを選びました。

 

f:id:kktrparty:20160712124855p:plain

ホウオウはVGC2016の環境初期にグラゼルネのメイン技を半減以下にできることで注目され少し数を増やしていましたが、それによってグラードンに岩技を仕込まれていたり、グラゼルネには強くてもオーガレックには強いとは言い切れないといったところで静かに環境から姿を消しました。

しかし、国内大会も終わり落ち着いた今だからこそ刺さると感じたことと、このルールであれば苦手な相手なら選出せずに別の禁止伝説を使うことでパーティパワーを保った選出ができるので、グラゼルネ主軸っぽいのにはゼルネアスホウオウ、カイオーガ主軸っぽいのにはグラゼルネで選出しようと大まかに決定。選出する際は最終的にホウオウと相手のグラかゼルネの対面にして詰ませる盤面を目指します。

 

 他に変えれる枠もないし役割が似てるからってことでファイアローの枠をホウオウにして、パーティの完成です。はやてのつばさを失った代わりにクレセリア並の耐久とガブリアス並の火力を手に入れた感じですね(強い)

f:id:kktrparty:20160509150040p:plainf:id:kktrparty:20160509150104p:plainf:id:kktrparty:20160509145813p:plainf:id:kktrparty:20160509150302p:plainf:id:kktrparty:20160712124855p:plainf:id:kktrparty:20160509145835p:plain

以下、簡単にですが個別解説です。

 

f:id:kktrparty:20160509150040p:plain ゲンシグラードン

 まもる ふんか だいちのちから 10まんボルト @べにいろのたま / ひでり→おわりのだいち

 ひかえめ  C202大地耐えにしてCS

 特殊のみの技構成。10万のところは断崖でもいいと思ったが2,3割残ったオーガに対して大地だと微妙に耐えられそうだけどってときに命中安定で使えるのがよかった。

 

f:id:kktrparty:20160509150104p:plainゼルネアス

 まもる マジカルシャイン ムーンフォース ジオコントロール @パワフルハーブ / フェアリーオーラ

 ひかえめ 断崖2耐えするくらいHB寄りで少しC

 耐久にかなり割いたゼルネアスを使ったことがなかったし、ひかえめゼルネをツモったものの放置してたし使ってみるかな~くらいの気持ちで使ったが予想よりかなり使いやすく強かった。臆病CSでガリョウ耐えとか微妙に耐久振るくらいならここまでしたほうがいいと思った。

 

f:id:kktrparty:20160509150302p:plainメガボーマンダ

 まもる ハイパーボイス すてみタックル おいかぜ @ボーマンダナイト / いかく→スカイスキン

 せっかち シャイン耐えまでDに振ってCS

 努力値ちょっと変えただけでこいつは前回と変更なし。

 

f:id:kktrparty:20160712124855p:plainホウオウ 

 せいなるほのお ブレイブバード おいかぜ はねやすめ @オボンのみ / プレッシャー

 いじっぱり HB寄りで少しAS

 H振りだけでもD方面はかなり硬いのでBに厚く振りました。はねやすめのところは絶対じこさいせいで良いです。変更するのを忘れてて予選が始まり気づいたころには時すでに遅し、まあそこまで困ることはないだろうと気を取り直しましたが、まさか決勝でこの確認不足が致命的になるとは思ってもいなかった。(どっちにしても負けましたが、少し運が良ければ勝ちを拾えるくらい致命的でした)特性は再生力が使用可能ですが、交代を多用するか想像ができなかったのと、以前プレッシャーで詰まされた経験があったのでプレッシャーにしました。

 

f:id:kktrparty:20160509145813p:plainメガガルーラ

 すてみタックル グロウパンチ ねこだまし かみくだく @ガルーラナイト / きもったま→おやこあい

 ようき AS

 猫ダクホを基本にしていくので最速で肝っ玉、トリルされると致命的なのでクレセやドータクンを見るためにふいうちではなくかみくだくにした。(1度も撃つことはなかった。というか撃たせてもらえなかった)

 

f:id:kktrparty:20160509145835p:plainドーブル 

 ダークホール ちょうはつ ねこだまし ファストガード @こだわりスカーフ /マイペース

 ようき BS

 またしてもパーティの核になってしまったポケモン。初手や寝かせたあとにまた出てきても仕事ができ、マニュとかファスガの上からうてる猫、トリルされると致命的なので挑発、ゼルネアスがボルトから電磁波を貰いたくないのでファスガ。

 

  パーティ紹介は以上になります。ボーマンダ以外は前の構築から別の個体でさらにJCSからまともに伝説ポケモンを触っていなかったので心配でしたが、多少プレイングが荒くてもスカーフドーブルがきちんとダークホールを当ててくれたのでなんとかなりました。

 

 オフレポ

・前日

  県外参加で前日入りするメンバーと主催のはるさん、がちゃさんとで0次会

 ポケモンオフ自体久々だったので久々に会う人が多くとても良かった。 大分の郷土料理と焼酎「鉄輪」を飲んで優勝した。

 

・当日

 ホテルの朝食で中津からあげととり天が食えるので食いまくった上にカレーとか食って(いつも白米1杯とかレッドブルで済ませてるから)久々に充実した朝食を食えてアド。というか食い過ぎた。

 午前中はシングルの部で2度ガルーラに冷Bされて死んだ。

昼食は郷土料理が食える食堂に行き、とり天定食を注文。(またとり天)

f:id:kktrparty:20160714160813j:plain

意外とボリュームもあり満足。(食い過ぎ)

 

その後、会場でアイドルマスターシンデレラガールズ4thライブのチケット抽選結果が出たので見ると

チケットをご用意できました」歓喜

ハイファイ☆デイズで絶対三角作ろうな。

f:id:kktrparty:20160714161409j:plain

とっても嬉しいのとすごくホッとしました。

 (その後シングル予選が1戦残ってて、ラス1ガルバシャ対面で飛び膝外して負けた)

 

 シングルの部終了後はGSの部で予選4-1で1位通過後、準決でナオキさんに勝って決勝進出(グラカイ両方入ってるPTの選出はそういえばどうしようか決めてなかったので結構危なかった)

鉄輪オフ通算2度目の決勝へ。前回の決勝は優勝したので2回目の優勝を目指します。お相手はここまで全勝で来てるハルドさん。ここは全勝阻止して優勝するしかない。

 

 試合展開はドータクンにトリルを許してしまうものの、なんとか凌ぎつつさらにゼルネが無傷でジオコン成功する。

ぼく(トリルラストターンで守って次から動かせば勝てるぞこれ)

f:id:kktrparty:20160714141332p:plain

 ゼルネアス「まもる」 ガルーラ「ほえる」

                                                                                                                                             

意味不明に優勝優勝言ってるけど残念ながら負けて当の本人は準優勝。

 負けてしまいましたがアツく楽しい1戦で見てるほうも面白かったのではないでしょうか。やっぱりポケモンは楽しい。

 

 帰りの特急の都合上2次会には行けなかったものの、電車が一緒の時間だったので紫苑さんと軽く飲みに行き大分の麦焼酎「兼八」を飲んで優勝した。香ばしさがとても良い。

 

f:id:kktrparty:20160714160957j:plain

 

 その後特急乗ったら偶然kazukiくんがいたので雑談してたらすぐ福岡に到着。突発だったけどいい旅でした。

鉄輪オフ主催のはるさん、がちゃさん、参加者の皆様ありがとうございました!

 ここまで読んでくださりありがとうございました。以下おまけです。

 

想像以上にお得だったふっこう割

 本題はここからだったりします。(別に私は国の回し者じゃないです)

今回の遠征は「九州ふっこう割」を利用しました。

ご存知の方もいると思いますが、九州の観光キャンセル多すぎやばい→国がお金だすから九州に来てくれ~って奴です。

  最大7割引きとか言うけどどうせほとんど1割引きばっかのよくあるクーポン商法でしょはいはいとか思ってたんですが、まあ少しでも安くなるならと簡単に調べてみたところ

・旅行会社が用意する宿または宿と交通費(飛行機、またはJR)

・割引券を買って指定された宿で利用

で割引が適用できるみたいです。(かなり大まかです)

基本的に旅行会社が用意したものに割引って形で、各会社でプランは結構違うのでそれぞれ見てみないとわからないです。

 

 宿泊費と交通費のセットプランで割引が適用される奴が1番アド取れそうなので今回私は以下を狙っていくことにしました。

・JRの特急列車指定席(往復)とホテル宿泊が一緒になったプラン

・20,000円以上の利用で14,000円割引のクーポン

 これを利用できれば、私は福岡に住んでいるので博多からうまく2万で組めば交通費と宿泊費が計6,000円になる!アド~!(博多から大分で特急を指定席で取ると片道5,560円)

 これでもかなりお得なんですが、宿泊するホテルのプランに3,000円分のクオカードがもらえるプランを予約してちょうど20,000円になるように調整しました。ビジネスホテルによくあるやつですね。

つまり、実質3,000円で福岡から大分へ行ける!九州ふっこう割爆アドかよ…

 

思ってた以上に国は本気らしいです。

販売が始まって結構経っていますが、これから販売開始のプランもあるらしいので詳しくは九州ふっこう割でググッてください。

九州のオフはこの夏秋にたくさんあるので遠くからの人もぜひ利用してアド稼ぎしつつ参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【VGC2016】トリルドーブルBIG6【JCS最終1781】

こんにちは、KKTR(かくてる)と申します。

ジャパンチャンピオンシップス2016予選お疲れ様でした。今回はそのJCS予選で私が使用したPTを紹介します。見た目はどこにでもいる6匹ですが、中身はよく見る型とは大きく違います。

 f:id:kktrparty:20160509114359j:plain

・経緯と概要

 JCS寸前までいろいろなポケモンを使用してきましたが、どれもしっくりこずに迷走していました。大会まで期間がなかったのであまり使ったことのない伝説ポケモンや、使いこなせれば強いがクセのあるマイナーポケモンに手を出さずに、パーティーパワーが保証されており環境初期に使用したことのあるBIG6(グラードンゼルネアス、ガルーラ、ボーマンダファイアロードーブル)を使用することに決めました。

 しかしながら、BIG6はトップメタであり環境も進み以前使用していたBIG6(最遅ドーブル以外全員が最速か準速)では簡単には通用しないと感じ一部のポケモンの型を変更し大会に臨むことに

 

 BIG6が環境初期よりも勝ちにくくなって来た頃、特にゼルネドーブルに強いクロバット+ゲンガーという並びをよく出されました。今となってはBIG6側が対応してきて(ガルアローなど)クロバゲンガーを使う側も困っていますが、少なくともこういった ”こちらのドーブルを見て出てくるラムを持ったクロバット+何か(大体禁伝か、メガシンカアタッカー)” を見れないとやってられないなと思い注目したのがトリックルームを仕込んだドーブルです。

 これまで最遅ドーブルを使ってた際に襷に頼らずとも案外最後に動いてダークホール撃てるものだなと感じていました。ならこいつでトリックルームをするチャンスがあるのでは?と思いメンタルハーブを持たせて採用、横にトリル発動補佐としてねこだまし持ちの優秀なガルーラを置くことでクロバット+何かの並びであればクロバの横にねこだまし+トリックルームが安定します。ドーブルを前にして寝かされてもラムを盾に追い風決めて次のターン上から2体で殴ればいいだろうといった甘い考えはこちらにしてみれば絶好のカモです。それ以外の並びでもこちらがガルドーだと両守るされることも多く高頻度でトリルを成功できました。トリル後すぐにアタッカーとして動かせるようにガルーラを遅めにして初手のどちらかが落ちたら最遅グラードンを出して制圧していきます。

  相手のガルーラ等にドーブルねこだましされたら一方的に負けてしまう可能性があるのでその場合はボーマンダを主とした選出をしようと考え、残りのマンダアローゼルネに関しては大幅な変更はしませんでした。

 また、ガルーラとボーマンダの2メガ構築である場合、こちらのグラードンへの技の通りと耐性からボーマンダが出てくることが多いです。3月に行われた「2016 インターナショナルチャレンジ March」で4位に入賞したPaulさんはBIG6でエントリーしており、そのバトルビデオを拝見するとほとんどボーマンダを選出しています。うまい人はガルーラではなくボーマンダを主に動かしているのかも?と思い大体のガルマンダ構築には強気にトリル選出していくことにしました。(マンダをよく出してたのはたまたまかもしれませんし、それでもガルーラを出すプレイヤーはいます)

 

 

 ・個別解説

f:id:kktrparty:20160509145835p:plainドーブル 

 ダークホール ワイドガード へんしん トリックルーム @メンタルハーブ / ムラっけ

 162-27-56-40-106-72(H252 B4 D252)なまいき [31-04-31-31-31-00 めざめるパワー:エスパー]

   D:C201ゼルネアスムーンフォース確定耐え

 このパーティーの核となるポケモン。基本的にガルーラと初手に出しねこだましと合わせてトリックルームを貼ります。トリックルーム使用後は上からダークホールをぶつけて眠らせ、その間にアタッカーを暴れさせます。

 相手が強力な全体技持ちで(カイオーガなど)ダクホを外したらすぐに不利になり得そうな場面では無理してダクホを撃たずにワイドガードを選択します。1匹ずつ落ちてくれればグラードンを死に出しできて良いのですが、2体いっぺんに落ちるとさすがに取り返しがつかなくなります。この枠はこの指やニドガ等が欲しい場面があり迷いましたがワイガでよかったと思います。

 へんしんは主に、グロウパンチ使用後の自分のメガガルーラに変身してアタッカーになったり、横のグラードンに変身して天候を取りカイオーガやその横の浮いてるポケモンなどに噴火を通したりします。また、めざめるパワーのタイプはメガゲンガーに変身したとき打点になるエスパータイプにしました。ゲンガーはヘドロばくだんをメインに使うのでめざパを使う個体はシャドボを切ってることが多いこと、他にはボルトロスやサンダーが持っている可能性がありますがボルトやサンダーは電気技を撃てばいいです。(たまたま産まれた最遅個体がエスパーだっただけ)しかし、めざ水ドータクンクレセリアニャオニクスまでいるらしいので粘るならそれらに一貫しつつダークオーラ補正が乗るかもしれない悪タイプが良いかもしれません。(そんな機会そうそうないだろうと思っていましたが、40戦中1戦だけ相手のメガゲンガーに変身し持ってためざめるパワーを押した)

 配分に関して、はじめはのんきHBで使用していたのですがメガボーマンダハイパーボイスゼルネアスマジカルシャイン等の特殊全体技を通してドーブルを処理してくる場面や、逆にワイガを警戒して初手からムーンフォースを撃たれたりと特殊技の被弾が多いと感じ生意気個体に変更しました。(のんきHBだと威嚇込でA177メガガルーラの捨て身タックルを耐えることができますが、出すときはガルーラを使うのでマンダと一緒に出さなくなった) 

 

f:id:kktrparty:20160509145813p:plainメガガルーラ

 すてみタックル グロウパンチ ねこだまし ふいうち @ガルーラナイト / きもったま→おやこあい

 メガ前 191-160-108-51-115-98

 メガ後 191-193-128-69-135-108(H84 A244 B60 D116 S4)いじっぱり [31-31-31-25-31-05]

 A:すてみタックルで192-101クロバット確定1発

 B:A177メガガルーラけたぐり確定耐え

 D:C255ゲンシカイオーガこんげんのはどう確定耐え、C222ゲンシグラードン晴れふんか確定耐え

 S:メガ後無振り90族 -2、追い風下で準速スカーフ霊獣ランドロス抜き

 トリックルーム発動補助とS操作後に暴れるアタッカー。禁伝にも負けず劣らない火力をぶつけます。

 基本的にドーブルと初手に投げてねこだましか、クロバで追い風守るが見える場面ならグロウパンチ+トリックルームをしていきます。Aが上がればグラードンメガボーマンダなど物理耐久が高いポケモン相手でもすてみタックルでゴリ押すことができ、先述したドーブルの変身の選択肢も生まれます。グロウパンチを使わなくてもクロバットを早急に処理するためのAと、陽気ガルーラにけたぐりで簡単に落ちないようにBを振り残りはDに振り切りました。

 Sの個体値が調整されていますが、無振りのカイオーガ(S110)よりは遅ければいいと思ってます。勇敢最遅にしてもよかったのですが、いくら遅くしてもグラカイドーブルよりは遅くはなれないのと、最遅ガルーラ同士で同速ゲーを避けたかったのもあります。ガルーラミラーでメガシンカターンの順番を見れば最速か最遅かおおまかですが判断できたのもよかったです。

  クロバゲンガーの並びでゲンガーにみがわりを決められると少し面倒なので、ねこだましを撃つ対象を広げることができる特性きもったまを選択。

 

f:id:kktrparty:20160509150040p:plainゲンシグラードン

 まもる ふんか だいちのちから だんがいのつるぎ @べにいろのたま / ひでり→おわりのだいち

 207-193-181-213-118-85(H252 B4 C188 D64)れいせい [31-17-31-31-30-00]

 D:C202ゲンシグラードンだいちのちから 確定耐え 

 特殊技をメインとしたトリックルームアタッカーのエース。基本的に初手のガルドーのどちらかが落ちたら死に出ししていくのが基本になります。

 今回はトリックルームアタッカーとして最大限最初に動いてもらいたいので素早さを最遅に。勇敢か冷静の選択になりますが、物理を主とする場合とても強力ですが命中85のだんがいのつるぎを何度も撃つことになりとても安定しません。トリックルーム下で動けるのは4ターンしかありませんし、基本死に出しして出すので4ターンフル活用できる機会はそうそうありません。少ないターンを1回の技外しで無駄にしてしまうとその時点で負ける可能性もあるので、ここは命中安定で強力な全体技ふんかと単体技だいちのちからを主に使っていくことにし性格は冷静に。

 縛りの解除等、アタッカーを大事に扱うためにまもるは必要として最後の1枠はだんがいのつるぎにしました。さっきまで散々言っておきながら断崖の剣にした理由はいくつかあります。

・最初はりゅうのはどう、げんしのちから等の単体特殊技で動かしていたが撃つ対象となるレックウザボーマンダファイアローなどに打点があったところでその試合の勝ち筋になることは少なかったこと。(アローはともかく、マンダやレックウザは1発じゃ落ちない)

カイオーガやジオコンゼルネなど特殊耐久が高いポケモンに対する物理打点が欲しいこと

・天候や体力、横のポケモンに関係なく常に高火力で撃てる全体技であること

 最後が1番重要な点になりますね。トリルが切れて後手に回っても高火力全体技が撃てるのは心強かったです。実際にはほとんど噴火か大地しか使わず断崖を押す機会はあまりありませんでしたが、使った場面はこの技が有効に働きました。Aは無振りでさらに個体値を妥協していますが、カイオーガに対して大地よりは入るので特に問題はなかったです。

 配分は臆病CSグラードンの大地を耐えれる遅いグラードンの一般的な配分です。

 

f:id:kktrparty:20160509150104p:plainゼルネアス

 まもる マジカルシャイン ムーンフォース ジオコントロール @パワフルハーブ / フェアリーオーラ

 202-135-115-180-119-166(H4 C248 D4 S252)おくびょう [31-29-31-26-31-31]

 至って普通なゼルネアス、変にミリ耐えされても困るのでCSに振り切りました。(個体値の都合上少し振り分けてます。理想値ならCS252でいいでしょう)

 ボーマンダと初手に出すか、トリル選出なら後発で出します。トリル中に出てきてしまっても大抵横が相手を縛れていることが多いので終わるターンに合わせてジオコンを積む余裕もあり、メガレックウザメガボーマンダはトリル中であればこちらが遅いので縛ることができます。このポケモンの動かし方がバトル終盤かなり重要になってきます。

 

f:id:kktrparty:20160509150302p:plainメガボーマンダ

 まもる ハイパーボイス すてみタックル おいかぜ @ボーマンダナイト / いかく→スカイスキン

 メガ前 170-156-100-162-90-167

 メガ後 170-166-135-172-110-189(A4 C252 S252)せっかち [31-31-31-31-31-31]

 D:C183ゼルネアスマジカルシャイン 乱数耐え(75%)

 もう一つのメガ枠、トリル展開しない場合に選出します。

 基本的にハイパーボイスを連打するのでCSに振り切りました。相手のゼルネアスの前で強気に動かせるようにマジカルシャインを耐える確立を上げるため性格をせっかちにしました。(Cを少し削って確定耐えまでDに振ってもいいですね)

 りゅうせいぐんボーマンダレックウザを縛れる有効な打点ですがそれらを相手にするときはガルーラを出すので必要ないと感じS操作できる枠を増やしプレイングの幅を広げるため追い風に。

 

 

f:id:kktrparty:20160509150310p:plainファイアロー 

 ブレイブバード フレアドライブ ちょうはつ おいかぜ @いのちのたま / はやてのつばさ

 185-146-91-71-89-147(H252 A252 S4)いじっぱり [31-31-31-00-31-31]

 D:C183ゼルネアス+2ムーンフォース 確定耐え 

 優秀なタイプと特性を持ち種族値以上の動きを見せるサポート兼アタッカー。

 どんな場面であっても上から殴れるので、特にゼルネアス相手にはブレバ圏内に入れておくようなプレイングを心がけます。技に関しては基本ブレバか追い風しか押しませんでしたが、一応ドーブルを誤魔化せる挑発と、ファスガが見えてて殴りたいときに晴れの恩恵も受けてわりと火力も出るフレドラを選択。持ち物ははじめ鉢巻で使っていてその火力はかなり魅力的で愛用していましたが、トリルするにもしないにも切り返しのための追い風からすぐ殴れるほうが良いと考え打ち分けできる命の珠にしました。

 ジオコンゼルネのフェアリー技、グラードンの噴火等炎技で半減でも火力の高さからゴリ押しされてしまうことが多々ありました。(というか自分もそうやって処理していた)そこでHAに振り切ると意外にもよく半減なら耐えてくれたりしておいかぜだけして落ちるようなことが少なくなりました。このSなのでアローミラーや、フレドラ撃つ際にゼルネやガルーラに先制されてしまうデメリットもありますが、そのような場面よりも攻撃を受けて意外なところで耐えて攻撃できることのほうが明らかに頻度も多く有利になれる可能性も高いと思いHPに振り切りました。目安としては上にあるようにジオコンムンフォを耐えることができます。

 

 ・選出

 簡単にですがよく相手する構築に対しての選出を以下に

基本選出

 初手ガルーラドーブル 後発グラードンゼルネアス

 トリルを決めて上からダクホで寝かせて暴れる。

 

裏選出

 初手ボーマンダゼルネアス 後発ファイアローグラードン

 メガがガルーラだけだったり等、トリルが発動できなさそうな場合は追い風を軸に展開していきます。

 

クロバット追い風展開

 初手ガルーラドーブル 後発グラードンゼルネアスファイアロー) 

 基本選出でゼルネが動かしにくそうだなと思ったらファイアローをたまに出す。大抵後ろはオーガレックなので頭数を減らしてとっとと引きずり出し天候取ればほぼ勝ちです。トリル中にもしドーブルのSが2段階上がってもそれでも最速ゼルネアスよりは遅いのでそこまで痛手になることはないです。

 

クレセorドータトリックルーム

 初手ガルーラゼルネアス 後発グラードンドーブル

 トリックルームしてきそうなタイミングでこちらも遅いポケモンを投げ上を取っていく流れになります。クレセリアだとトリル下でドーブルが上取れるのですが、ドータクンだと上を取られない上にラム持ちが多いので厄介です。グラードンカイオーガなどのアタッカーを寝かせつつこちらのグラードンを動かす形が理想ですが、そう簡単にはいかず最遅グラードン同士の同速ゲーが発生しやすいこともあり分は悪く無いですが厳しい相手です。時にはドーブルトリックルームを返していく等、臨機応変に動かすことが必要になってきます。

 

BIG6ミラー

 初手ガルーラドーブル 後発グラードンゼルネアス

 残念ながらすべての手において安定するとは言い切れません。最初のほうで述べた通りボーマンダが出てくる可能性が高いのでガルドー選出からトリル展開していくほうが多いです。(ガルーラが出てきてもなんとかなりますがある程度不利からのスタートです)もちろんマンダ選出でも十分にやりあえまが、グラードンが追い風下でもS170にしかならないのでメガボーマンダ等を抜くことができないことは頭に入れておかなければなりません。

 

 ・結果とまとめ

 まずトリルドーブルは読まれませんでした。決まると楽に立ち回れますが、簡単にいかない場合は1戦1戦にかなりメンタルをすり減らしながら戦うことになります。(終盤1700乗って以降かなり辛かった)

 

f:id:kktrparty:20160520164917j:plain

(日本代表の権利を得る50位までレート6足りませんでした) 

パーティーパワーは充分にありました。私の技量とほんの少しだけの運が足りなかったです。

 一緒に考察してくれた方々はもちろん、各地のオフで考察や対戦してくれた方々、本当にありがとうございました!結果に満足はしていませんが、本気でこのルールと向き合うことができてとても楽しかったです。

 長くなってしまいましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました!

 そして日本代表になった皆さんのサンフランシスコでの健闘を祈っています!

 

 

 

 

(あと1つか2つ勝っていれば…と次への切符を逃したのは6年前を彷彿とさせます…)

何かあればTwitterまで!(@kkt_witte_r)